business

歓送迎会や新年会、忘年会など、社内の人間とお酒を飲む機会は多くあります。くだけた雰囲気の飲み会でも、社会人である以上はマナーを意識しなければなりません。本稿では飲み会のマナーについて紹介します。

参加前のマナー

飲み会に誘われたら、積極的に参加するようにしましょう。お酒やにぎやかな場所が苦手でも、仕事と割り切って、誘いを断ることはなるべく避けたほうがいいでしょう。用事がありどうしても参加できない場合は、以下のような表現で断ります。
「お誘いいただきありがとうございます。ぜひ行きたいのですが、その日は都合がつかず、参加することができません。ぜひまたお誘いお願いします。」
誘ってもらったことへの感謝・丁寧な断り・次回へのフォローを入れることがポイントです。
参加可否については、早めに連絡することがマナーです。当日の人数変更ができない居酒屋がほとんどなので、急に参加できなくなった場合は、幹事に謝罪し、お金だけは払うようにしましょう。
カジュアルな場でも時間を守ることは重要です。社内で自分が一番目下の立場であれば、誰よりも早く店に到着できるようにしましょう。店の前で待ち、目上の人が来てから店に入ります。誰かと待ち合わせて向かう場合には、目上の人を先に通し、自分は最後に入ります。

参加中のマナー

居酒屋の席にも席次があります。会議室などと同じように入り口から遠い場所が上座です。目上の人に先に座ってもらい、自分は最後に座るようにしましょう。自分が歓迎される側の場合は、真ん中の席などに案内さます。その場合席次は気にせず、案内された席に座りましょう。
隣の人がタバコを吸っても、煙たがる素振りは失礼にあたります。タバコを吸うと分かっている相手には、頼まれなくても灰皿を出せると丁寧です。
居酒屋では食べ物が大皿で出てくることが普通です。自分が食べたいものを取るというスタイルも増えてきていますが、少なくともはじめに出てきた料理は目下の人が取り分けましょう。
一番気をつけるべきはお酌です。目上の人のグラスが空いていたら、積極的にお酌をしましょう。ビールのお酌はラベルを上にし、手で下を支え、もう一方の手を上に添えて行います。泡が溢れる場合があるのでゆっくり注ぎましょう。お酌を受ける場合は、コップを両手で持ちます。注ぎ始めはコップを斜めにし、徐々にまっすぐにしていくと泡のバランスが良くなります。
日本酒のお酌では右手で胴部分を上から持ち、左手を下に添え8分目まで注ぎます。お酌を受ける場合はお猪口を持ち上げず、手を添えます。
お酒が苦手な人は乾杯の時にだけ口をつけ、誘われてもお酒が苦手だと恐縮しながら断れば失礼に当たりません。
ジョッキのお酒がなくなっている人には「注文大丈夫ですか」などと声をかけましょう。

まとめ

酒席のマナーのポイントは以下の通りです。
-カジュアルな場でもマナーを忘れない
社会人の飲み会では、大学時代の飲み会と違い、純粋にお酒を楽しむというわけにはいきません。お酒や会話を楽しみつつも、周りによく目を配り、必要に応じて動かなければいけません。上司から「今日は無礼講だから」などと言われても、羽目を外しすぎてはいけません。居酒屋には他の客もいるため、取引先の悪口や機密事項の話、大声で騒ぐことは避けるべきです。仕事の話はあまりしないほうがいいでしょう。
飲み会では、他では得られない情報が得られたり、普段話さない人とも交流できたりします。お酒が苦手な場合は無理に飲む必要はないので、ぜひ参加しましょう。節度と気配りを忘れずに、お酒の席を楽しみましょう。

ビジネス人気の関連記事
  • 会議
    スケジュール管理に必須のビジネス手帳の種類
  • 事務
    持ち物確認メールか届いたら行うこと
  • 報告
    新卒も転職組も要チェック!社会人が持っておくべきもの
  • 電話
    ビジネス手帳の賢い選び方とスケジュール管理方法
  • 女性
    オフィス服も豊富!プチプラアイテムブランド
  • プレゼン
    営業の外回りを快活にするバッグの工夫と選び方
おすすめの記事
business
ビジネス人気
 どんな人にはミスはつきもの。ただしミスが発生した時に、どんな対応を取るかで社会人としての真価が問われます、ミスをすると、慌ててしまい、更に...
挨拶
ビジネス人気
目次1 ノートは最強の営業資料2 お客様と一緒に作り上げるノート3 商談ごとの一枚を準備4 電子式もおすすめ ノートは最強の営業資料 業種や...
business
ビジネス人気
結婚や出産、昇進、栄転、退職など、お祝いを贈る機会はたくさんあります。機会によって贈る品物や表書きが異なるため、正しいマナーを知っておく必要...
事務
ビジネス人気
男性のビジネスにおける戦闘服なのがスーツなのに対し、女性は比較的自由度が高いです。 必ずしもかっちりとしたスーツが求められる会社は多くはあり...