同期

①「お疲れ様です」と「ご苦労様です」

「ご苦労様です」は目上の人が目下の人に対してねぎらいの言葉として利用するものです。
なので、新人社員などが利用すると失礼に当たりますので注意が必要です。

②「~になります」

「資料になります」と自然と言葉が出てしまってはいませんか?
こういった場合は「資料でございます」と言って手渡すのが正しい敬語です。

③「田中部長ですね」

電話がかかってきて「田中部長はいらっしゃいますか?と尋ねられた時、
ついおうむ返しで「田中部長ですね」と答えていませんか?
この場合、役職名は敬称と等しいので、
「田中でございますね」と部長を省略するのが基本です。

④了解しました

返事をするときに「了解しました」というのはフランクな言い方です。
「かしこまりました」や「承知しました」を使用しましょう。

⑤「~ほう」という口癖

「私の方で対応させていただきます」と言っていませんか?
つい「~ほう」とつけてしまう癖のある方は注意が必要です。
正しくは「私が対応させていただきます」で、~方はつけないのが正しい言い方です。

⑥尊敬語と謙譲語の使い分け

「お客様は弊社に参ります」
「お客様は弊社にいらっしゃいます」
最初の「参ります」は謙譲語で後者の「いらっしゃいます」が尊敬語となります。
今回主語はお客様なので、尊敬語を利用するのが正しいです。
逆に、取引先に対して、
「鈴木は13時に参ります」
「鈴木は13時にいらっしゃいます」ですと、
鈴木は呼び捨てにしているので、自社の者ですのでここでは謙譲語を使用します。
この使い分けが難しいという人は多いですね。

⑦相手に着席を進めるとき

「お座りください」
「おかけください」
どちらを使いますか?
言葉遣いとして正しいのは「おかけください」です。
しかし巷では「お座りください」もよく使われています。

⑧自分の会社を言うとき

「弊社」
「わが社」
どちらを使いますか?
言葉遣いとして正しいのは「弊社」です。
「わが社」は言葉としてへりくだっているものではないため、
相手に対して失礼に当たる可能性もありますので気を付けましょう・

⑩お世話様です

「お世話様です」は目上の方が他社の目下の方に使用する言葉です。
基本的には利用せず「お世話になっております」とお伝えするのがいいでしょう。

⑪謝罪をするとき

「すいません」を使用するのはNGです。
せめて「すみません」とはっきり伝えましょう。
また、状況によっては「すみません」も利用できない場合があります。
取引先への謝罪の場合は「大変申し訳ございません」とお伝えしますので、
使い分けをしっかりと行いましょう。

⑫佐藤部長様

役職がそもそも敬称なので、そこに様をつけると敬称が重なることになります。
どうしても様をつけないとおさまりが悪い場合には、
「〇〇部部長 佐藤様」としましょう。

まとめ

あなたは間違った言葉遣いをしていませんか。
気が抜けているとつい出てしまったり、
身近な上司には正しい敬語を使えてなかったりなどもあるのではないでしょうか。
言葉の丁寧さはビジネスマナーの基本なので、
正しい敬語使用できるよう、常に気を遣うようにしましょう。

ビジネス人気の関連記事
  • 会議
    スケジュール管理に必須のビジネス手帳の種類
  • 事務
    持ち物確認メールか届いたら行うこと
  • 報告
    新卒も転職組も要チェック!社会人が持っておくべきもの
  • 電話
    ビジネス手帳の賢い選び方とスケジュール管理方法
  • 女性
    オフィス服も豊富!プチプラアイテムブランド
  • プレゼン
    営業の外回りを快活にするバッグの工夫と選び方
おすすめの記事
ビジネスマナー
ビジネスマネジメント
目次1 AIに任せられることは多い2 任せられることは任せる3 意思決定を担う4 競争ではなく共存 AIに任せられることは多い AI(Art...
business
ビジネス人気
目次1 笑顔が必要な理由2 笑顔とはどのようなものか3 まとめ 笑顔が必要な理由 ビジネスにおいて笑顔は武器だといわれることがあります。 そ...
髪型
ビジネス人気
最近では女性の社会進出が進み、女性が活躍する社会が構成されています。 それもパートアルバイトに留まらす、正社員で男性と肩を並べて働く女性も増...