business

昨今のグローバル化で、外資系企業や外国人労働者が増えています。
電話をかけたら、最初に出た人が英語で出た、ということも可能性としてあるでしょう。
そんなときに冷静に対応できるよう、簡単なビジネスフレーズを準備しましたので、
ぜひ参考にしてみてください。

電話をかけた時

相手が英語で社名を名乗り、用件を聞いてきました。
うろたえることなく以下のように自分も英語で名乗りましょう。

Hello. This is Tanaka from AAA company. May I speak to Mr. Yamada, please?
こんにちは、AAA会社の田中です。山田さんはいらっしゃいますか。

このまま繋がればほっと一安心ですが相手が不在にしていて、
再度その旨を説明される可能性があります。
どのように対応したいかを以下から選んで伝えましょう。

対応を伝える時

折り返しがほしい時
Could you tell him to call me back? / Would you please tell him to call me back?
折り返しがほしいとお伝えいただけますか。

伝言を伝えてほしいとき
Can I leave a message?
伝言をお願いできますか。

こちらから折り返す旨伝えるとき
I'll call back later.
折り返します。

折り返す際は、相手が「折り返しましょうか?」と尋ねられている可能性があります。
その際の断り方は、
That's all right.
いいえ、結構です。
と言ってからかけなおす旨お伝えするとよいでしょう。

その後はおそらく相手から切ってくれるでしょう。

うまく相手の言っていることが聞き取れない場合

こちらの英語力が追いついておらず聞き取れない場合もあるかと思います。
その場合は以下のように伝えましょう。

Could you speak a little louder, please?
もう少し大きな声で話していただいてもいいですか。
Could you speak more slowly, please?
もう少しゆっくり話していただいてもいいですか。
Could you repeat that again ?
もう一度おっしゃっていただけませんか。

まとめ

今や会社の中に外国人がいるということはけして珍しくはないでしょう。
社内公用語は英語と決め、英語に力を入れている会社も多いはずです。
部署によってはそれが必須とされない可能性もありますが、どこでどう遭遇するかわかりません。
まずはこのような定型文をコピーし机に置いておきましょう。
いざというときにきっと役に立つはずです。
そして、できるのであれば英会話なども利用し話す練習をしておいたほうがいいでしょう。
最近では英会話はとても身近なものになっています。
例えば、ネット英会話であれば、時間を拘束されることもないですし、
何よりとても安く取り組むことができます。
東京オリンピックが今後開催されることも考えると、会社にとどまらずぐっとその必要性は出てきます。
ぜひこの機会に英語に目を向け、英語学習の一歩として必要な定型文を覚えたり印刷したりしましょう。

ビジネス人気の関連記事
  • 会議
    スケジュール管理に必須のビジネス手帳の種類
  • 事務
    持ち物確認メールか届いたら行うこと
  • 報告
    新卒も転職組も要チェック!社会人が持っておくべきもの
  • 電話
    ビジネス手帳の賢い選び方とスケジュール管理方法
  • 女性
    オフィス服も豊富!プチプラアイテムブランド
  • プレゼン
    営業の外回りを快活にするバッグの工夫と選び方
おすすめの記事
business
ビジネス人気
 職場ではダラダラせずにキビキビと行動したいもの。キビキビした行動は頼もしい印象を与えますし、逆にダラダラした行動はやる気がない印象を与えて...
business
ビジネス人気
社会に出ると、電話対応はビジネスマナーとして欠かせないたいへん重要なものです。中でも電話を受ける場合は、その応対は社会人として生きていくため...
business
ビジネス人気
 敬語は日本語特有のもので、人間関係の調和を保つために大切な役割を果たしています。本稿では敬語の基本及びその使い方を解説します。 目次1  ...