business

会社に在籍すると宴会や飲み会の機会が訪れます。
「無礼講」という言葉もありますが、実際にはマナーが守られない人は批判の的となります。
普段親しい間柄の人とするのとは異なる、宴会ではどのようなことに注意したらいいのでしょう。
以下にまとめましたのでぜひ参考にしてみてください。

集合時間は厳守

いくら会社の飲み会とはいえ、上司も参加する以上、開催予定時刻に遅れることは許されません。
聞きなれない店名や知らない場所の場合は事前に行き方を調べておきましょう。
もし幹事になっているようであれば、お店の人とのすり合わせのために早く来る必要もあります。
上司を待たせる、という失礼のないようにしましょう。
先輩や上司と一緒に会場に向かうようであれば、少し後ろを歩いてついていくようにしましょう。

率先して下座に座る

お酒の席にも上座と下座があります。
入り口から一番遠い席が上座、一番近い席が下座です。
床の間がある場合は床の間の目の前が上座となります。
また料理がとりにくい場所や座りにくい場所が下座であることも覚えておくとよいでしょう。
会場に入ったら、まず自分の席がどこになるか確認し、上司や先輩を上座へ促します。
そして、彼らが座った後に自分も腰を掛けます。

乾杯の時はグラスを下に下げる

おそらく乾杯からスタートするかと思いますがここにも注意が必要です。
上司や先輩とグラスを交わす際、彼らよりもグラスが高い位置にあると失礼です。
自分のグラスは少し下げて乾杯をするようにしましょう。
また、あまり音を立て豪快に乾杯をするのも失礼ですので気を付けましょう。
食事に手を付けるのは、上司や先輩が食べたのを確認してからにしましょう。

上司や先輩のグラスに気を配る

歓談しながらも上司や先輩のグラスに飲み物が入っているか注意してみるようにしましょう。
瓶ビールの場合は、半分くらい減った段階で「お注ぎします」と声をかけます。
個別の注文に関しては、そろそろなくなりそうという段階で「何か飲まれますか」と声をかけます。
瓶ビールに関しては、片手で注ぎ口付近、もう片手で便の底を持ちます。
このときにラベルが必ず上を向くように持ちましょう。
お銚子の場合には方で持つのがマナーです。

お酌の受け取り方

お酌をすると逆にお酌をしてもらえる時があります。目上の方からの場合でも、
「ありがとうございます。頂戴します。」と言い、断らないのがマナーです。
グラスは両手で持ち、片手はグラスの底を持ちます。
注いでいただいた飲み物に関しては、必ずその場で一口は飲むようにします。

いろいろな人に声をかける

自分の席に座ったまま飲み会の時間を過ごしてしまうのは非常にもったいないです。
人数が多いと会話をせずに終わってしまうことも。
どこで誰にお世話になるかわかりませんので、ぜひ席を立ち様々な人と会話をするように心がけましょう。
自分の顔を打っておくことが後々の仕事にいい影響を与えるに違いありません。

まとめ

宴会や飲み会は楽しむ場ではありますが、その中で上記ビジネスマナーを逸していると、
それがどうしても際立って悪く見えてしまうものです。
常にみられているという意識を持ち行動するのがよいでしょう。

ビジネス人気の関連記事
  • 会議
    スケジュール管理に必須のビジネス手帳の種類
  • 事務
    持ち物確認メールか届いたら行うこと
  • 報告
    新卒も転職組も要チェック!社会人が持っておくべきもの
  • 電話
    ビジネス手帳の賢い選び方とスケジュール管理方法
  • 女性
    オフィス服も豊富!プチプラアイテムブランド
  • プレゼン
    営業の外回りを快活にするバッグの工夫と選び方
おすすめの記事
business
ビジネス人気
ビジネスマナーとして、メールの件名をいわゆる「Re:」で送り返すのは失礼にあたります。具体的な要件を丁寧に書き込むように習慣化することが大切...
business
ビジネス人気
自分への来客や、担当者に依頼された時は、来客を会議室や応接室などに案内します。どこに何があるか分からない来客のために、分かりやすく案内するこ...