オフィス

ビジネスマンにとって仕事はとても大切です。しかし、それ以上にもっと大切なのは健康管理です。仕事は体が資本といいます。健康な状態なくしてベストな仕事はできませんし、欠席したり体調が悪いまま出社をしたら会社に迷惑がかかります。だからこそ常日頃の健康管理も仕事のひとつなのです。体調を整えるためには、睡眠、食事、運動が適切にできているかが大切です。
以下に、食事の自己管理についてまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

食事は摂り方が大切

睡眠はとにかく時間の確保と質の向上が大切ですが、食事はそれと異なります。それは、摂り方にが難しいからです。例えば油ものをお腹いっぱい食べればそれでいいわけでなく、何をどれぐらい、いつ摂るのかが重要だからです。人間には食欲があり、食べないと体が機能しなくなるので、人は必ず食を口にします。それをコントロールすることが健康管理なのです。
成人が一日に摂取していいカロリーは、1800〜2200カロリーで、仕事の内容や性別によって差があります。その中でバランスのとれた食事を摂ることが大切です。

良い食事の摂り方

・バランスのとれた食事を摂る
米やパンのような主食となる炭水化物と、肉や魚のようなメインディッシュになるタンパク質、そしてサラダや炒め物などの副菜となる野菜をバランスよくとることが大切です。どれかに偏りすぎても駄目ですし、どれかがなくてもだめなのです。なので、和食のご飯、味噌汁、焼き魚、野菜のような組み合わせは理想と言われています。
そして、脂質も三大栄養素のひとつで体を機能させるために必要です。あぶらと聞くと摂取してはいけないもののように感じますが、体の組織のためになくてはならない存在です。だからこそ、とりすぎないこと、そして良質な脂、たとえば魚の脂などを積極的にとりいれましょう。

・一日三食食べる
ビジネスパーソンは忙しいとどうしても食事の時間が惜しくなります。しかし、健康のことや仕事の効率を考えると、むしろとらないと最大限の力を発揮することはできません。特に朝は、一日のスタートなのでエネルギーを蓄えなければならないですし、眠気を覚ますためにも咀嚼は必要です。逆に間食や夜食は控えるようにしましょう。
また満腹まで食べるのではなく、腹八分目に留めておきましょう。

・ゆっくり噛んで食べる
ビジネスパーソンは忙しいとどうしても食事を急いでしまい、飲むように食事するという人もいます。しかししっかりと咀嚼しなければ体に負担がかかってしまいます。食事をとるときはゆっくりと落ち着いてよく噛んで食べるようにしましょう。

まとめ

一流のビジネスパーソンは食事にかなり慎重だといいます。自分の健康を考えて、バランスのとれたお弁当を持参したり、ビジネスの会話も健康食品の話題が出たりします。それは仕事にプロ意識があり、休むような体調管理を良しとしないからでしょう。食事に関してはバランスや、回数、とるタイミングと食べ方がポイントとなります。最近は健康ブームでもあり、食事に関してもたくさんの情報が出回っています。ぜひこの機会に自身の食事のとりかたを見直してみてはいかがでしょうか。

ビジネス人気の関連記事
  • 会議
    スケジュール管理に必須のビジネス手帳の種類
  • 事務
    持ち物確認メールか届いたら行うこと
  • 報告
    新卒も転職組も要チェック!社会人が持っておくべきもの
  • 電話
    ビジネス手帳の賢い選び方とスケジュール管理方法
  • 女性
    オフィス服も豊富!プチプラアイテムブランド
  • プレゼン
    営業の外回りを快活にするバッグの工夫と選び方
おすすめの記事
business
ビジネス人気
 寝坊をしたり、朝体調が悪く遅刻をしてしまうことが誰しもあります。遅刻の際にどんな対応を取るかで、周囲の評価は大きく異なってきます。本稿では...
相談
ビジネス人気
目次1 誘われたら「ぜひ」と答えましょう2 店は上司に選んでもらう3 上司を上座に誘導する4 相手を気遣う5 上司と同じメニューを注文する。...
business
ビジネス人気
来客との商談が終わっても、来客が会社を出るまでは気を抜いてはいけません。来客に気持ちよく帰ってもらえるように、丁寧な見送りをする必要がありま...