ビジネスマネジメント

6秒間が決め手になるわけ

アンガーマネージメントは、怒りをコントロールするための手法としてアメリカで開発された心理トレーニングです。怒りは誰にでも湧き上がる感情です。この感情とうまく付き合っていくことは日常でもビジネスシーンでも、子供から大人まで必要とされることです。現在では、自分のため、周囲の人たちのためにも有効なストレス対策として教育機関や企業でも取り入れられるようになっています。

アンガーマネージメントでは、怒りを感じた瞬間から6秒間の対応の重要性が説かれています。これは、私たちが怒りを感じた瞬間に起きる体の中の反応を基にして考え出されたものです。実際に怒りを感じた時、体の中では何が起こっているのでしょうか。

怒りの反応のピークは6秒間と言われています。怒った時心拍数が上がってドキドキしたり、怒った人の顔はよく赤くなったりしますよね。動作の強度が上がって、手や脚に攻撃性が見られることもあります。

これは興奮した時に体内に分泌されるアドレナリン成分の作用によるものです。このアドレナリンが体内をぐるっと巡り、アドレナリンの作用が落ち着くまでには6秒間掛かるのだそうです。この6秒間のピークを乗り切ることがアンガーマネージメント、つまり怒りを調節するための第一歩なのです。

6秒間でできることは簡単

人によって怒りへの反応度が異なります。すぐカッとなってしまう人はこの6秒の間のコントロールをすることで心を落ち着かせることが大切です。反射的に反応して失敗をしてきた人ほど、コントロールできたらいいのに・・・という思いは強いことでしょう。

怒りをコントロールするのに役立つことというのはアンガーマネージメントの心理トレーニングの中でもたくさん紹介されています。そのほとんどは驚くほど簡単に思えることばかりです。

でも反射的に怒りの反応を表に出すことが習慣になってしまっている人にとって、この簡単なことを実践していくのが結構難しかったりします。6秒という短い時間の重みを感じる経験にもなります。

意識してトレーニングを行っていくことで習慣として体にも思考にも潜在している意識にも染み込ませていく必要があるのです。色々な方法がある中で自分に効果のあるものをぜひ見つけましょう。組み合わせて取り組んでみるのもひとつの方法です。

6秒間の意識習慣のあと

6秒間を意識して、うまくコントロールすることが習慣になるとその先はラクです。定着すれば意識しなくても怒りのコントロールができるようになります。コントロールさえ必要なくなるとも言えます。誰もが目指したいゴールです。

どんなことが起きても冷静に対処していくことができるようになります。ものごとを冷静に受け止めることができるようになった時の影響や波紋はとても価値あるものになります。ストレスへの耐性が強くなることも大きなメリットのひとつです。

デメリットがないというのもアンガーマネージメントのメリットと言えるかもしれません。自分もラクになれる、周りも喜ばせられるなら失うものは何もありませよね。要らない怒り、要らないストレスをしっかり排除できる自分を、あなたも目指してみてください。

慣れない時期のネクタイ選び

新卒の新入社員の場合、ネクタイを買うのが初めてという人も多いと思います。お店に行くと、色とりどりのネクタイが並んでいて、その形も微妙に異なっていることがあります。店員さんのアドバイスを受けるのもひとつの手かもしれませんね。店員さんはスタンダードなビジネスマナーまでしっかり心得ているものです。ただ、会社の雰囲気、仕事で接することになるクライアントやお客様の雰囲気まで読み取れる人はいません。入社前であれば、自分でも分からないものですよね。こういうネクタイがピッタリ!というものが選べるようになるまでは、お手頃な値段で、限りなく無難なものを何本か揃えておくことをおすすめします。職場に入ってから、先輩や上司のネクタイの傾向、自分にはどんな色が映えるのか、職種によるイメージづくりが分かるようになってから、適した数本を買い揃えても遅くはないと思います。先輩たちに相談しながらというのもいいかもしれませんよ。いろいろな角度からのアドバイスを受けることもできるでしょう。

色柄で変わるネクタイの印象

では、無難な色とはどんなものでしょう。ベーシックなものと言っても、地味な色とは限りません。若者らしさ、誠実さを演出することも大切です。難しいところですよね。基本的な色としては、えんじ、紺色などが人気があるようです。さらに、ストライプ系が印象をフレッシュにするでしょう。ストライプが太いほど、元気さを強調します。細ければ落ち着いたイメージを演出できます。ネクタイはワンポイント的な役割をするので、単色やどぎつい色、ど派手な色さえ避ければ、案外どんな色でもビジネスシーンで使うことができます。スーツの色とのバランスもありますが、以下の3色をベースにするといいでしょう。必ず、自分のスーツと、自分の顔と、全体的な印象を踏まえて選びましょう。ちぐはぐになると、身だしなみのセンスが出せなくなり、社会人としてのイメージも野暮ったくなるものです。また、グレーのみのネクタイは、意外にもカジュアルな印象を与えるのだそうです。黒のみのネクタイは、冠婚葬祭用ですからビジネスシーンでは着用してはいけません。

ネクタイ選びの要素

色の他にも、素材や幅についても気にしたいところです。スーツのジャケットの襟の一番太い部分に合わせることがベストと言われています。着回しもしていかなければなりませんから、いつも同じスタイルのジャケットとも限りませんよね。どんなジャケットにも合わせやすいのは、7.5~8.5㎝くらいと言われています。素材も、ウール、ニット、リネンなどがありますが、シルクを選んでおけば、安っぽく見えたり、汚れが目立ちやすい、型崩れしやすいということも少なくできるでしょう。柄は、大きく分けて3つの選択肢に分けられるでしょう。無地とストライプ、ドット柄です。若者なら、ストライプやドット柄もきっと似合うと思います。チェック柄、プリント柄のものは、職種、職場のテイストなどに合わせて許容度を見極める必要が出てくるでしょう。ネクタイは個性を出す要素にもなるので、必ずしもすべてがタブーになるとは限りません。

ワイシャツとネクタイは「Vゾーン」と呼ばれ、相手の目につきやすい場所となります。見た目の第一印象を決める重要な部分となるので、ワイシャツとネクタイの選択には注意を払う必要があります。本稿ではビジネスシーンで基本となるワイシャツとネクタイの選び方について解説します。

ワイシャツの選び方

クールビズ等の導入はあっても、ワイシャツを着用するシーンは以前とそれ程変わりません。以前はワイシャツとネクタイはセットの感もありましたが、昨今ではワイシャツの重要度がより増しているとも言えます。

「サイズ」
柄やデザインも大切ですが、ワイシャツで何より大切なのは自分のサイズ。身体にフィットしたワイシャツは、着心地もよいですし見た目もキレイです。サイズは下記を確認しましょう
①シャツの肩と自分の肩幅を合わせる
②首周りは指2本分のゆとりを持たせる
あまりゆとりがあり過ぎると、ワイシャツ姿が非常にだらしなく見えます。また逆にゆとりがなさすぎると、非常に苦しくなります。
③着丈はズボンに半分かかる程度の長さ
④袖口が上着から1.0cm見える長さ

ワイシャツを買う際、可能であれば店の方に寸法を図ってもらうのが一番間違いがありません。それが難しいようなら、既に持っているワイシャツで一番フィットしているサイズを書き出して、同じサイズのワイシャツを買えば間違いが無くなります。財布やスマホにワイシャツのサイズをメモで残しておくと、ワイシャツを買いに出かけた時に慌てる必要がなくなるので、メモを残しておくことをオススメします。

「色」
ビジネスシーンでは、ワイシャツの色は無地の白が基本となります。しかしながら最近では淡いブルーのシャツも認められる会社が殆どとなっています。また柄としては、細いストライプが一般的となります。中には薄いピンクや黄色のワイシャツも許される会社もありますが、ワイシャツの色の許容範囲は会社次第の部分が多いので、先輩や上司のワイシャツを日頃観察しておくと、ワイシャツを買う時の参考になります。

「襟」
またワイシャツの襟は、ボタンのない標準形の「レギュラーカラー」、ボタンのついた「ボタンダウン」、襟がやや開いている「ワイドスプレッドカラー」がありますが、標準形の「レビュラーカラー」が無難となります。

ネクタイの選び方

クールビズの導入で、ネクタイを締める機会は暑い時期は随分と少なくなりましたが、スーツにワイシャツと言う場合、やはりネクタイは今も必需品。

そんなネクタイですが、ビジネスシーンでは「スーツやシャツの色と合う」、「派手すぎないものを選ぶ」というのが基本。ワイシャツを購入する際にセットで買えば、変な組み合わせを選ぶリスクも少なくなります。
そして柄のついたネクタイの場合は、ストライプやドット柄程度にとどめるのが無難。大きな柄の場合、派手な印象になり易いので注意が必要。またキャラクター等の奇抜な柄は、ビジネスシーンでは不適切となります。

尚、営業の方の場合、購入するネクタイを同系色で揃えてしまう、というのも一つの手となります。お客様にOOO色のネクタイはOOOさん、と覚えてもらえる可能性が高いです。ちょっとした営業テクニックですね。

まとめ

どんなスーツであっても、ワイシャツとネクタイの組み合わせ次第でスーツの印象は大きく変わります。よって全体のバランスを考えて、ワイシャツとネクタイを選ぶ必要があります。

以前に比べると着る機会は減っているワイシャツとネクタイのセットですが、やはりビジネスシーンでは必須アイテム。バランスを考えながら、自分のお気に入りの組み合わせを着こなしたいものですね。

ビジネスマネジメント

おすすめの記事