business

 挨拶は円滑な人間関係を作る上で、非常に重要なものとなります。朝、会社に出勤した際に、さわやかな挨拶ができれば、スムーズなコミュニケーションを続けるきっかけともなりえます。ただし、会社は上司・同僚・部下等、様々な立場の人がいるので、時間帯やTPOに合わせて挨拶を使い分ける必要があります。

 明るい声で自分から挨拶をすることは、職場の人間関係を円滑にする切っ掛けともなりえます。本稿では社内での挨拶について、留意すべき事項をまとめてみました。

 上司との挨拶の仕方

 仕事を円滑に進めるには、上司とのコミュニケーションが大きな要素を占めます。上司との挨拶は、上司とのコミュニケーションを取る最も手軽な方法と言えます。

 上司との挨拶の仕方としては、①明るい声で、②自分から、という2点が大切となります。嫌な上司であっても、朝から部下の暗い声を聞きたくはないですし、なぜ目上の物から挨拶する必要があるんだ?、と思う方も少なからず存在しています。

 よって上司に挨拶する際は、明るい声で、そして、自分から挨拶をするよう心がけましょう。嫌な上司に朝一番に出会った場合、間違っても嫌な顔してはいけませんよ。そういう気持ち程、相手に伝わってしまうものです。そんな時こそ、明るい声で自分から挨拶しましょう。また、ボソボソと挨拶しても、相手に伝わりませんので、ハッキリ挨拶することも大切です。

 ただし上司に対する挨拶でも、TPOは考える必要があります。満員電車で上司と乗り合わせた際等は、周囲のことも考えて会釈する程度充分です。会社に着いたら改めて、今日はご一緒でしたね、と挨拶すればよいのですから。

同僚との挨拶の仕方

 同僚への挨拶は、それ程気を遣う必要はありません。ただし、親しき中にも礼儀あり、と言われるように、明るい声で挨拶する、挨拶をされたら挨拶をこちらからもする等、必要最低限のマナーは守る必要があります。

 それと、どうしても特定の同僚と親しくなりがちですが、それ程親しくない同僚とも挨拶はしっかり行いたいものです。同僚は何かと社内で力となってもらえるケースが多いので、日頃それ程親しくない同僚でも、挨拶を行うことで最低限度のコミュニケーションの維持が可能となります。

 会社人生を送っていく上で同僚の存在は必要不可欠。せっかく同じ会社に入った同僚、挨拶はコミュニケーション継続の鍵となりえます。

 基本的にはすべての人に挨拶を

 人間どうしても、直属の上司や親しい関係者にだけ挨拶するということになりがちですが、朝出勤した際、警備の方や清掃の方含め、基本的には出会ったすべての人に「おはよう(ございます)」と挨拶を行うべき。それが社内の円滑なコミュニケーションに繋がっていきます。誰だって明るい挨拶をされて、嫌な気分にはなりませんよね。だったら、自分から明るい挨拶してみませんか?自分自身、朝からいい気分になれるので、一石二鳥と言えます。

 まとめ

 特殊な例を除けば、基本的に営業日は毎日出社する必要のある会社。朝、明るい声で挨拶されると、少なくとも悪い気はしません。であれば、自分から積極的に明るい声で挨拶してみてはいかがでしょうか?

 正直嫌な上司もいるでしょうが、別に挨拶くらいなら叱られたりしませんよ。嫌な上司ほど、朝明るく挨拶しておけば、多少は苦手意識が無くなる可能性もあります。

 きちんとした挨拶は人間関係を円滑にします、明るい声で自分から朝の挨拶を積極的に行いたいものですね。

ビジネス人気の関連記事
  • 会議
    スケジュール管理に必須のビジネス手帳の種類
  • 事務
    持ち物確認メールか届いたら行うこと
  • 報告
    新卒も転職組も要チェック!社会人が持っておくべきもの
  • 電話
    ビジネス手帳の賢い選び方とスケジュール管理方法
  • 女性
    オフィス服も豊富!プチプラアイテムブランド
  • プレゼン
    営業の外回りを快活にするバッグの工夫と選び方
おすすめの記事
プレゼン
ビジネスマネジメント
目次1 教える側の心構え2 無知の基本3 無知への対策4 理解のステップ 教える側の心構え 現代のビジネスシーンでは、1から10までを社員に...
business
ビジネス人気
ビジネスでは、訪問前にアポを取ることが大原則です。しかし、会社の営業範囲を広げるために、アポなしで新規の会社を訪問しなければならないときもあ...
会議
ビジネスマネジメント
目次1 OJTとOFF-JT2 メンター制度3 ロールプレイング4 レポート提出の徹底 OJTとOFF-JT 現場の上司や先輩について、業務...
business
ビジネス人気
電話は、今や固定電話というものを契約しない人が増えています。しかし、ビジネスでは、パソコンを前にしながら固定電話が置かれています。新入社員に...