business

 敬語は日本語特有のもので、人間関係の調和を保つために大切な役割を果たしています。本稿では敬語の基本及びその使い方を解説します。

 敬語とは

 敬語は一般的には自分がどのように見られているか、扱われているか、の判断基準となります。目上の人や年長者など当然敬語を使う必要がある相手に対して敬語を使わないと、不快な気持ちにさせてしまう結果になります。よって、年齢の差、職務階級の差、相手との人間関係(顧客と社員、親しい間柄か否か)等を考慮に入れた、その人やその場に応じた敬語を使うことが大切となります。

 敬語の種類は「尊敬語」・「謙譲語」・「丁寧語」の3種類

 敬語は普通、「尊敬語」・「謙譲語」・「丁寧語」の3つに分けられます。相手を尊敬する気持ちが表現方法を変えたものと考えましょう。

「尊敬語」について→立場は相手が上
 「尊敬語」は、上司や先輩・社外の人などの行動を表す際に使い、立場が上の人を敬う表現となります。基本的には、相手または話題の人を高めるのに用います。「れる(られる)をつける」「お・・・になる」というものが、「尊敬語」の代表的な表現となります。

「謙譲語」について→自分を下げて相手を上に

 「謙譲語」は、自分の行為を下げて、相手を立てる際に使う表現となります。基本的には、自分を下げて相手を上にするのに用いられます。「お・・・する」、「お・・・いただく」というものが、「謙譲語」の代表的な表現となります。

「丁寧語」について→立場は平等
 「丁寧語」は、ビジネスの場で使われる基本的な敬語であり、言葉を丁寧にして相手への敬意を示します。立場は無関係であり、立場は平等ということ前提としています。 「・・・です、ます、ございます」「お○○、ご○○」というものが、「丁寧語」の代表的な表現となります。表現がやわらかくなるのが、その最大の特徴となります。

敬語の使い方

 「尊敬語」・「謙譲語」・「丁寧語」の3種類がある敬語、相手の立場や状況に応じて正しく使い分ける必要があります。

 最初はとまどったり、難しく感じたりしますが、上記の立場を中心とする基礎知識を頭に入れた上で、あとは実際に使いながら慣れていくのが敬語マスターへの一番の近道となります。

 使われる表現は会社や業界で決まって来るので、最初は意識しながら敬語を使っていても、自然と身につくことが殆どなので、新入社員のうちは敬語にとまどうこともありますが、習うより慣れろの世界とも言えます。

 また上司・先輩は当然敬語に慣れているので、実際の敬語が使われている上司・先輩の会話を意識的に聞く、というのも敬語マスターへの近道となります。

まとめ

 ビジネスの場において、誤った表現を多用していると、この人は大丈夫だろうか?、と相手に疑念を抱かせて、仕事がうまくいかない、という可能性も出てきます。実際に自分自身で顧客の立場になって考えると、相手の担当者が敬語もまともに使えないと、担当者だけでなくその会社に対しても疑念を抱いてしまいます。それほど敬語は日本のビジネスにおいて重要な要素を占めています。

 ただし一定のルールが存在しており、慣れればそれほど使いこなすのに苦労はしない敬語。新入社員等、会社に入ったばかりの頃は身に着けて使いこなすのに苦労しますが、習うより慣れろで何とかなってしまう面が多いです。また一度身に付ければ簡単に忘れるものでもないので、早いタイミングで恥をかきながら敬語を身に着けてしまうことをオススメします。

ビジネス人気の関連記事
  • 会議
    スケジュール管理に必須のビジネス手帳の種類
  • 事務
    持ち物確認メールか届いたら行うこと
  • 報告
    新卒も転職組も要チェック!社会人が持っておくべきもの
  • 電話
    ビジネス手帳の賢い選び方とスケジュール管理方法
  • 女性
    オフィス服も豊富!プチプラアイテムブランド
  • プレゼン
    営業の外回りを快活にするバッグの工夫と選び方
おすすめの記事
business
ビジネス人気
 挨拶は円滑な人間関係を作る上で、非常に重要なものとなります。朝、会社に出勤した際に、さわやかな挨拶ができれば、スムーズなコミュニケーション...
休憩
ビジネスマネジメント
目次1 高度な世の中2 ビジョンを描くこと3 ビジョンを表現すること4 ビジョンの質を高める 高度な世の中 世の中に存在するさまざまな物理的...
会議
ビジネスマネジメント
目次1 OJTとOFF-JT2 メンター制度3 ロールプレイング4 レポート提出の徹底 OJTとOFF-JT 現場の上司や先輩について、業務...