ビジネスマネジメント

日本デザインプランナー協会の認定している資格の一覧ですが…!

まず、以下の資格をご覧下さい。

実践建築模型認定試験

空間ディスプレイデザイナー認定試験

インテリアデザイナー認定試験

インテリアアドバイザー認定試験

ホームページWEBデザイナー認定試験

SEOマーケティングアドバイザー認定試験

POPデザイナー認定試験

日曜大工スペシャリスト認定試験

コールド・プロセスソープマイスター認定試験

クラフトハンドメイドマイスター認定試験

キャンドルデザインマスター

CADデザインマスター認定試験

スウィーツデコデザイナー認定試験

クリスタルデコデザイナー認定試験

ファッションデザイナー認定試験

フラワーアレンジメントデザイナー認定試験

鉛筆デッサンマスター認定試験

ネイルアートデザイナー認定試験

カラーアドバイザー認定試験

ビーズアクセサリーデザイナー認定試験

ニードルフェルトデザインマスター認定試験

レジンアートデザイナー認定試験

盆栽クリエイター認定試験

これらはすべてこの日本デザインプランナー協会で認定している資格なのです。何か副業であったり、趣味であったりと、簡単に取れるような資格は今までのあなたの人生と仕事を補ったり本業にさらなる価値を与えたりするスパイスのようです。

しかし、日本デザインプランナー協会で取得できる資格の中でもデザイナー系の多くのものがれっきとした職業のライセンスだったり、またはその資格があるのとないのとでは周囲から受けるまなざしが違ってくるという本当の免許・ライセンスなのです。

日本デザインプランナー協会とは?

デザインのスキル(技能・知識)で一定の能力があると認めて、資格証を与える団体です。知識と技能の基準を設けて試験としてそれを試します。また、そうすることで資格が認定される職業としてその業界のステータスや業務の質の向上を狙う意図もあります。知識の基準を示すことで有資格者の業務に関する質を上げることも可能になります。

資格を取ることがその業務を行う前提ではないかもしれませんが、業務をこなしていく中で資格を取って実力の証にする人もいます。また、自分のためのスキルのチェックや基礎の定着にも役立ちます。実務と資格は関係性で=ではありませんが、両方あればここまで業務の経験を積んでいることをもっと強く裏付けられます。

確実にその基礎の知識などがあり、さらに経験もあるということは強みWですよね!

試験は、日程、場所ともにフレキシブル!その中でも資格のクオリティを重視するならば…

日程は期間内ならば自由に、そして、場所は在宅でOKなのです。

また、最近の傾向としてパソコンは仕事上欠かせません。だからこそ、実技試験に在宅も可能であり、必須のパソコンを使用を前提とするわけです。

私がおすすめなのは、この3つです。

・ホームページWEBデザイナー認定試験

・SEOマーケティングアドバイザー認定試験

・POPデザイナー認定試験

全てパソコンの関係する業務でパソコンなくしてできないものばかりです。

知識と実務技能が表裏一体に近いのがパソコン業務の特性の一つでもありますので、在宅でとてもクオリティの高い試験内容を試せます。

また、これらの職業上の実力を判断する材料となる実務の部分を問う性質の資格です。

・実践建築模型認定試験

・空間ディスプレイデザイナー認定試験

・インテリアデザイナー認定試験

・インテリアアドバイザー認定試験

・エクステリアアドバイザー認定試験

業務をこなすうえでかなり太い柱となるはずです。あると職業としての信頼度がグッと高まることでしょう。

日本デザインプランナー協会―いかがでしょうか?

あなたのデザイン系の力を底上げして、それを認めてくれるそんな日本デザインプランナー協会の資格を検討してみてはいかが?

ビジネスマネジメント

おすすめの記事