business

 SARAスクールとは?

資格から趣味までを網羅した通信講座です。他の通信講座と同様に実用的な資格もありますが、趣味から入りたい人にもとてもお勧めです。SARAスクールは女性向けの講座で、どんな講座があるか見てみるだけでもきっと貴方の心がウキウキしますよ! 女性の味方、SARAスクールの魅力と評判をお伝えします。

 勉強時間は? どれくらいの期間で資格の取得や講座の卒業なの?

一日たったの30分! 詰めて勉強すれば、最短2か月から6か月間の受講で資格の取得及び試験への受験資格を得ることが出来ます。講座によって違いますが一日の勉強時間は30分という原則です。

 資格試験免除、卒業課題の提出による資格ゲット確実のお得コースがある!

その名もプラチナコース! 卒業課題の提出で資格試験を受けなくても、その講座の資格を取得することが出来ます。その資格はきちんとそれぞれ由緒ある協会・団体・組織の認める資格証が得られるというからお得ですよね。

 男性には?

男性も受けられるのですよ。女性の味方は男性の味方でもあります!

 実際に評判はいいのか?

「輝ける女性部門」「女子力アップBeauty部門」「美しくなれる通信教育部門」の3部門に関して、通信講座の評価の基準となる通信教育の大手ポータブルサイトで第一位を獲得しています。ここからもSARAスクールの実力が本物である証でしょう。また、電話質問にもプロがきめ細やかにお答えする、しかも質問回数無制限という配慮がついています。これを逃す手はありません!

 SARAスクールならではの資格が満載!―その選び方を考えました!

 どの講座を受けるかはその人次第ですが、概ねこんな基準を設けてみてはどうでしょうか? それは、①仕事を充実させたい ②趣味寄りの資格で人生を謳歌したい ③趣味に近い実益も含めスキルアップがしたい ④今は趣味でいつかは仕事になるスキルが欲しい。この4つです。

ではSARAスクールならではの素敵な講座はどれもお勧めですが、6分類の多彩な講座をちょっと①~④の志向に合わせてちょっと講座を分類してみました! 参考にして下さいね。

①    心・癒し―中でも…メンタル、福祉心理講座―今は福祉が大切な時代とも言えます。高齢化や病気の人を助けるような心の支えになる職業に直結している資格が取れる講座です。心理系の資格は多くが職業に役立つので今のご職業がその系統なら、ステップアップやお仕事のパフォーマンスの向上に直結します。

②    飲食・健康関連講座―健康を趣味に!
アート・創作関連講座―手作業で素敵な自分に!
趣味・生活関連―家の周りをしっかり整えていつもフレッシュに!
この関連の講座全般が自分の身の回りの生活に関するものです。中にはカフェのオーナーとなる場合に強みとなる資格もあります。自分自身への働きかけを強めていくのがこうした講座のまさに醍醐味と言えます。

③    デザイン・芸術関連講座―ちょっとした自慢できる趣味で自分の人生をビルドアップ!
ビューティー・ファッション系講座―いつかあなたも一流スタイリスト?
ここからは、ちょっとアクティブにそして、外向けのデザインをしていく、そんな仕事に繋げられるようなスキルが手に入ります。

④    音楽セラピストやお掃除コンサルタントなどそれがちょっとした副業にもなるもの―趣味での副業はいつかあなたのお仕事になるかも知れません。

 人生の旅路にSARAスクールの資格であなたの路を輝かせませんか?

ざっくりとした分類でしたが、自分磨き、自分の心や健康から始まって、他人のために自分を磨けば、それはあなたの人生磨き。必ずあなたと周囲の人の人生も輝きます。あなたもこのSARAスクールの通信講座で自分の人生を磨いて、ぴかぴかの路を歩いていきませんか? きっと幸せになれますよ!

口コミの関連記事
  • business
    ストレスケアマネージメント口コミ評判
  • business
    ビジネスマネージメント認定資格口コミ評判
  • business
    日本アロマメディカル心理セラピー協会口コミ評判
  • business
    日本デザインプランナー協会口コミ評判
  • business
    日本安全食料料理協会口コミ評判
  • business
    日本インストラクター協会口コミ評判
おすすめの記事
話し合い
ビジネスマネジメント
目次1 組織要因のメンタルヘルス2 ポジティブ資源を増やす3 ポジティブ資源の増やし方4 いきいきとした職場づくりのために 組織要因のメンタ...
business
ビジネス人気
 クールビズの導入等で、一時と比べると着る機会は少なくなったスーツですが、それでもビジネスシーンにスーツは必要不可欠。スーツと一言で言っても...
電話
ビジネス人気
訃報を聞き、葬式や告別式に出席したいがどうしても都合が付けられない場合に弔電を利用します。 そして弔電の送り方にもマナーがあります。 目次1...
上司
ビジネスマネジメント
目次1 交渉前に必須の準備2 数字の威力を存分に使う3 前置きで理解を促す4 要請より、アドバイスを乞う5 分かっていることも聞く6 駆け引...