事務

ビジネスマネジメント

強みを伸ばすためにすること

強みの特定
自己分析は欠かせないものになります。そして明確になった強みに対して集中します。また強みとなることに取り組んでいる時というのはその集中度も高まります。

さらに伸ばす
更なる学習、実践を続けてステップアップする機会を得ていきます。その強みを発揮したり、表現したりする助けになる知識やスキルを時代の変化や自分自身の成長度に合わせて身に付けていくことも大切です。強みとは、生まれながらの才能だけで使っていくことは難しいものだからです。常に磨き続けることが大切です。

慢心しない
どんなに得意で上手にできるものがあっても、これで十分というゴールは存在しません。常に伸ばし続けていくことのできるのが強みと心得て、傲慢にならないようにしましょう。まだまだ得られるものは溢れているのです。謙虚な好奇心が強みを伸ばし続ける何よりのエネルギーになります。

組織で強みを活かすためにすること

悪い習慣は断ち切る
組織やチームに属している時に気付く自分の悪いところは徹底的に直す必要があります。謙虚に感謝の気持ちを持つことが大切です。
自分の軸を持って、ひとりひとりに誠意をもって接するようにしましょう。強みを活かすことの交換条件です。強みがあることを悪習慣の許容条件と勘違いしないようにしましょう。

苦手なことをしない
誰もが苦手なことを持っています。苦手なことをずっと引き受けていると強みを活かすことが少なくなります。自分のためには弱みの克服になるかもしれませんが、成果が下がってしまう時、自分にも周りにも良い影響は与えません。消極的な判断のようですが、良い成果を出すことを考えると重要なことでもあるのです。

弱みの克服に重きを置かない
苦手なことについて標準的な力にしようと努力することは、時間の使い方として有効ではありません。その弱みは、強みとして持っている人にお願いするという手段があることを心に留めておきましょう。

強みを伸ばすために避けること

経験や記憶への執着
過去の失敗や成功に心を囚われないことが大切です。強みはいつの時も今の蓄積で伸ばしていけるものなのです。過去や未来のことを描く時は、無暗に理想を追ったり、心配や不安を抱え込むことも多くなります。他の誰かの姿を目指すことにもなりかねません。

プライドやこだわり
プライドがあると自分の殻を破ることができません。せっかく見えるはずのステージに上がることを阻害しかねないのです。プライドを捨てきれないことと引き換えに、自分の限界を決めつけてしまうことも避けましょう。誰にでも伸び幅は用意されているものです。

強みが伸びるバロメーター

強みの機会が増える
強みを意識化し、伸ばすための努力をしていると使う機会も増やしていくことができます。意識的に使って実体験の中で伸ばしていくことも大切です。

強みへの確信が増す
頻度が増えることによって自信が増してきます。活用していくには欠かせない要素です。

強みの調整ができるようになる
自分の強みの確信が得られると、それを仕事など社会的な活動の中で成果を出せるようになります。強みを活かすことが役に立てば、自分にも周りにも多くな繁栄をもたらすことになります。

ビジネスマネジメント

  • 電話
    ビジネスマナーと基礎知識!電話応対を覚えよう
  • 来客者を応接室へ案内するときのマナー
  • 挨拶
    受け取りから整理整頓まで丁寧に!名刺の取り扱い方マナー
  • 身だしなみ
    名刺交換の手順を覚えよう
  • 会議
    女性のマナー!身だしなみをチェックしよう
  • スーツ
    身だしなみチェックで見るポイント5つ
おすすめの記事
business
ビジネス人気
新人として会社に入ったときに、新人教育として研修を受ける場合もありますが、ここでは、新人として心したい最低限のビジネスマナーをご紹介します。...
business
ビジネスマネジメント
目次1 よく使うお辞儀の種類は3種類2 角度の小さいお辞儀会釈の仕方3 会釈をする場合とは4 一番よく使うお辞儀敬礼の仕方5 敬礼をする場合...
business
ビジネス人気
得意先を訪問するときや、クレームのお詫びに伺う場合に手土産を持参することがあります。目的や予算を考え、適切な品を渡すことで相手にも好感を持っ...
事務
ビジネス人気
男性のビジネスにおける戦闘服なのがスーツなのに対し、女性は比較的自由度が高いです。 必ずしもかっちりとしたスーツが求められる会社は多くはあり...