ビジネスマネジメント

基本的には短髪が好印象

髪型は、ほとんどの場合に隠すことのできない身だしなみが必要になる一部です。顔と同じくらい清潔感を意識しなければなりません。見た目の印象も髪型によってガラリと変わるというのも否めません。男性の場合は、スーツを着るような職種であれば、髪は短めにすることをおすすめします。特に会社のルールが定められていない場合でも、短髪のほうがすっきりした印象になるものです。短髪のほうが清潔に保つことも、手入れもラクというのも確かです。忙しい新入社員の時期に、朝の髪のセットに何十分もかかっていては、自分にとっても負担になるでしょう。業務時に、あまり気にならない長さ、セットが崩れにくいということもビジネスシーンでの髪型のコツです。耳が隠れない程度、襟足も伸びていないことが基本です。

新入社員が気を付けたい髪型マナー

男性の短髪といっても色んなスタイルがあるものです。ここで迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。尊敬するビジネスパーソンだからと言って、20代の若者が50代の先輩を参考にするのは、違和感があるかもしれません。特にツーブロックは若々しさを損なうので避けましょう。街を歩いているときなどに、すがすがしく感じるスーツの男性を観察してみましょう。雑誌の特集などを調べてみるのも役立つかもしれませんね。ポイントは、まずは清潔感です。汚れはシャワーやお風呂でのシャンプーを徹底しましょう。そして、基本的には自然なままの黒髪が理想ですが、髪の色も変えたいなら、限りなくダークなものに留めておきましょう。パーマも控えたいところですね。ワックスなどで、故意に髪をはねさせて動きを付けるのも新入社員としてはNGと言えるかもしれません。それほど気にされない職場もありますが、まずは周りの先輩たちのスタイルをよく観察してからアレンジするようにしましょう。

社会人が気を付けたいタブー

新入社員に限らず、ビジネスパーソンとして仕事で金髪や奇抜な色に染めることはマナー違反と言えるでしょう。職種によって許容度は異なるかもしれませんが、金髪や赤毛のビジネスパーソンはきっと損する場面が増えるでしょう。どんな相手と接するときも、業務ではなく髪の色に興味を持っていかれるからです。チャラチャラした印象に映ってしまうのも否めません。仕事にならないことが多いはずです。また、極端な刈り上げ、スポーツ刈り、まして坊主は避けるようにしましょう。自分は手間が掛からずラクかもしれませんが、相手に威圧感を与えてしまうものです。くせ毛の人は仕方ありませんが、極端なカールがあるならストレートパーマやカールを抑える矯正パーマを検討されることをおすすめします。もちろん、アフロやカールの強いパーマをわざわざ掛けることもNGです。カールは柔らかな印象になることも考えられますが、ビジネスシーンでの誠実さという印象には届かないことがほとんどでしょう。実は髪型は顔よりも印象を大きく左右することがあるのでさっぱりとすっきりといつも整えておきましょう。できれば社会人として相応しい、自分に似合う髪型を美容師さんに相談しながら見つけていくといいかもしれませんね。

ビジネスマネジメント

おすすめの記事